青汁とクロレラの違いとは?

青汁とクロレラは同じようなものとして誤解されがちですが、実は違いがあります。クロレラとは、緑藻類である海藻になり、一方青汁のほうは緑葉野菜を絞った汁のことで、ケール、大麦若葉、小松菜、ヨモギ等を使ったものが多く見られます。

 

いずれも栄養価が高く、健康維持のために摂取するとよいとされており人気があります。まず、クロレラのほうは、細胞の中にクロロフィルという葉緑素を豊富に含み、免疫力の向上やコレステロールの制御、貧血を改善したりしてくれます。

 

食物繊維も豊富で、便秘解消に効果があります。体内の不純物を外に出すパワーがあるので、デトックス効果があるとして知られています。しかし、栄養価が高い分、独特の匂いがあり、飲むのが困難に感じる人も多く、粒タイプのサプリメントのほうが人気があるようです。

 

青汁の場合、ケールが野菜の中でも最も栄養素が高いと評価される事もあり、青汁の多くに利用されています。ビタミン、ミネラル、葉緑素、食物繊維などが豊富にバランスよく含まれています。青汁は粒タイプのサプリメントの他に、粉末タイプも人気があり、ジュースなどに混ぜて飲む人が多いです。現代人の多くが、肉食に偏り野菜不足と言われています。

 

緑黄色野菜を多く摂ることで、身体の酸化を防ぎ、若々しく健康な身体を保つことができる事はよく知られています。便通も良くなり、肌もキレイになっていきます。しかし、普段の食事ではなかなか生の野菜を大量に摂ることができないため、このような青汁で野菜不足を補うことが可能になります。クロレラももちろん、同じようなサポートをしてくれることになります。

 

青汁とクロレラは野菜と海藻の違いになりますが、いずれも現代人の身体の不調改善に役立ちます。どちらを選べば良いかは、それぞれの好みに応じて選んでかまいません。飲み比べをしてみると、個人によって効果の感じ方も違ってくるようです。また、飲みやすさや、続けやすさを考慮して決めると良いでしょう。